京都祇園祭・南観音山の一年 ロゴ
京都祇園祭・南観音山の一年 イメージ
 
  2009年は7/15より現地から、今年の祇園祭・南観音山のようすをお伝えいたします。
 
 
祇園祭観光ガイド
 

祇園祭と南観音山
祇園祭・ズバリ見どころ
  山鉾立てと曳き初め
    〜町衆の気分で参加しよう!
  情緒溢れる宵山
    〜山鉾から山鉾へそぞろ歩き
  祭のクライマックス山鉾巡行
    〜どの場所から見ましょうか?
全山鉾32基の紹介
行事の日程
祇園祭・観光Q&A
アクセス
宿泊

祇園祭リンク集

 
ニュースリリース・ダウンロード
(PDF・200KB)

祇園祭 今の風景 2008
祇園祭 今の風景 2007
祇園祭 今の風景 2006
祇園祭 今の風景 2005

祇園祭 今の風景 2004

 
  祇園祭の歴史
南観音山について
密着!南観音山の1週間
山鉾巡行順 一覧
こちらはブロードバンド環境を想定して制作しております。ムービーの閲覧にはWindowsMediaPlayerが必要です。
  第一章祭を中心とした一年
9月 お囃子の練習の開始
1月 新年会
5月 愛宕山詣り
6月 ちまき巻き

第二章いよいよ祭が始まる7月
7/1 吉符入り・二階囃子
7/12 山立て
7/12 松を選ぶ
7/12 真木を取り付ける
7/13 続・山立て
7/13 曳き初め
7/15 清祓い
7/13〜16 宵山の風景
7/16 南観音山の宵山

第三章祭のクライマックス山鉾巡行
7/17 ついに動き出す
巡行中の儀式
フィナーレを迎える
7/18 来年の夏も・・・

  制作・運営にあたって
お問い合わせ
ドキュメント南観音山
 祇園祭と南観音山
▼人々を魅了し続けてきた1100年

祇園祭は、初夏・7月に京都の市街地で一ヶ月間に及んで繰り広げられる祭です。祇園祭のクライマックスは7月17日に行われる山鉾巡行。数々の「山」や「鉾」と呼ばれる山車が優雅に京都市内を練り歩く姿は、毎年数十万人もの見物客を魅了します。また、13日〜16日の前夜祭ともいえる「宵山」の期間は、夕方になると提灯にあかりがともり、山鉾の上ではお囃子が演奏されて情緒深い風景が広がります。
御池通りに集まる山鉾
八坂神社
▲八坂神社

▼かつては疫病退散の祈りだった。

 祇園祭は、京都市街地の東に位置する八坂神社の祭で、その起源は平安時代初期までさかのぼります。当時、人口の密集する大都市・京都は衛生管理が不完全でしばしば疫病が流行しました。その原因は菅原道真(すがわらのみちざね)などといった政争で破れ、恨みを残して死んだ人々の祟りであると考えられていました。

  そこで、怨霊を慰撫するために、市中を練り歩く御霊会(ごりょうえ)が京都中で行われました。それらの一つである、貞観(じょうがん)11年(869年)に始まった祇園御霊会が一般的に祇園祭の起源といわれています。

▼32の山鉾町それぞれが主人公

 現在、祇園祭には32基の山鉾があります。これらは町の単位で保存会が組織され、祇園祭を運営しています。それぞれに独自の行事や風習が存在し、今に守り続けています。

 そんな山鉾町のひとつ、百足屋町(京都市中京区新町通錦小路上る)は南観音山を抱える山鉾町。後継者不足が叫ばれ続けている中、百足屋町には祇園祭の担い手に若い世代が多く、元気のある山鉾町です。古いしきたりに従うだけではなく、時代に併せた先進的な姿勢を基に祇園祭を運営・継承しているのが特徴です。また、注目すべき独自の行事が多い面白い山鉾町です。

 本サイトでは、財団法人 南観音山保存会のご協力のもとに、1999〜2000年以上に渡り南観音山の祇園祭に取り組む姿を取材。得られた貴重な映像・情報資料を活用し、伝統と現代の間で祇園祭を運営する南観音山の姿と、祭を支える人々の姿を発信していきます。
会所前を通る南観音山と提灯

南観音山を取材中



本サイトの運営はACTZERO(アクトゼロ)が行っています。
サイト 内の文章、画像および映像の無断転載・複製を禁止します。
© Copyright 2004-2009 ACTZERO All Rights reserved.