京都祇園祭・南観音山の一年 ロゴ
京都祇園祭・南観音山の一年 イメージ
 
  2009年は7/15より現地から、今年の祇園祭・南観音山のようすをお伝えいたします。
 
 
祇園祭観光ガイド
 

祇園祭と南観音山
祇園祭・ズバリ見どころ
  山鉾立てと曳き初め
    〜町衆の気分で参加しよう!
  情緒溢れる宵山
    〜山鉾から山鉾へそぞろ歩き
  祭のクライマックス山鉾巡行
    〜どの場所から見ましょうか?
全山鉾32基の紹介
行事の日程
祇園祭・観光Q&A
アクセス
宿泊

祇園祭リンク集

 
ニュースリリース・ダウンロード
(PDF・200KB)

祇園祭 今の風景 2008
祇園祭 今の風景 2007
祇園祭 今の風景 2006
祇園祭 今の風景 2005

祇園祭 今の風景 2004

 
  祇園祭の歴史
南観音山について
密着!南観音山の1週間
山鉾巡行順 一覧
こちらはブロードバンド環境を想定して制作しております。ムービーの閲覧にはWindowsMediaPlayerが必要です。
  第一章祭を中心とした一年
9月 お囃子の練習の開始
1月 新年会
5月 愛宕山詣り
6月 ちまき巻き

第二章いよいよ祭が始まる7月
7/1 吉符入り・二階囃子
7/12 山立て
7/12 松を選ぶ
7/12 真木を取り付ける
7/13 続・山立て
7/13 曳き初め
7/15 清祓い
7/13〜16 宵山の風景
7/16 南観音山の宵山

第三章祭のクライマックス山鉾巡行
7/17 ついに動き出す
巡行中の儀式
フィナーレを迎える
7/18 来年の夏も・・・

  制作・運営にあたって
お問い合わせ
ドキュメント南観音山 第一章祭を中心とした一年
9月お囃子の練習の開始

美しい囃子は一年間の練習の成果

 祇園囃子は能楽の影響を受けて、室町時代末期に作られ、江戸時代には今の形に完成されたといわれている。鉦の音がそう聞こえることから「コンチキチン」と表されたりすることもある。
  囃子の腕を磨くために、南観音山では毎月1回(毎17日)お囃子の練習会を行っている。山鉾によって異なるが、南観音山には39種類の曲目がある。初めて聞くと全て同じ曲のように聞こえてしまうが、これは曲間がなく、エンドレスに近い形で演奏されているため。楽器は鉦・笛・太鼓の3種類が使われる。


この手で祇園囃子が作り出される

 南観音山に囃子方は58名(’00年現在)在籍している。囃子方は町内に在住する人やその親類・知人で構成されるが、関係者の紹介を通して町外から加入する人も少なくない。
  加入時の年齢は10歳前後で、まず鉦を担当する。数年後、鉦をマスターする頃には自然と太鼓や笛の音を耳で覚えてしまっているという。


 
会所内で囃子の練習をする囃子方たち
囃子の練習をする笛方
鉦の練習をする囃子方
会所内で囃子の練習をする囃子方たち


本サイトの運営はACTZERO(アクトゼロ)が行っています。
サイト 内の文章、画像および映像の無断転載・複製を禁止します。
© Copyright 2004-2009 ACTZERO All Rights reserved.