京都祇園祭・南観音山の一年 ロゴ
京都祇園祭・南観音山の一年 イメージ
 
  2009年は7/15より現地から、今年の祇園祭・南観音山のようすをお伝えいたします。
 
 
祇園祭観光ガイド
 

祇園祭と南観音山
祇園祭・ズバリ見どころ
  山鉾立てと曳き初め
    〜町衆の気分で参加しよう!
  情緒溢れる宵山
    〜山鉾から山鉾へそぞろ歩き
  祭のクライマックス山鉾巡行
    〜どの場所から見ましょうか?
全山鉾32基の紹介
行事の日程
祇園祭・観光Q&A
アクセス
宿泊

祇園祭リンク集

 
ニュースリリース・ダウンロード
(PDF・200KB)

祇園祭 今の風景 2008
祇園祭 今の風景 2007
祇園祭 今の風景 2006
祇園祭 今の風景 2005

祇園祭 今の風景 2004

 
  祇園祭の歴史
南観音山について
密着!南観音山の1週間
山鉾巡行順 一覧
こちらはブロードバンド環境を想定して制作しております。ムービーの閲覧にはWindowsMediaPlayerが必要です。
  第一章祭を中心とした一年
9月 お囃子の練習の開始
1月 新年会
5月 愛宕山詣り
6月 ちまき巻き

第二章いよいよ祭が始まる7月
7/1 吉符入り・二階囃子
7/12 山立て
7/12 松を選ぶ
7/12 真木を取り付ける
7/13 続・山立て
7/13 曳き初め
7/15 清祓い
7/13〜16 宵山の風景
7/16 南観音山の宵山

第三章祭のクライマックス山鉾巡行
7/17 ついに動き出す
巡行中の儀式
フィナーレを迎える
7/18 来年の夏も・・・

  制作・運営にあたって
お問い合わせ
ドキュメント南観音山 第一章祭を中心とした一年
6月ちまき巻き

厄除けの願いを込めながら

 祇園祭で、厄除けのお守りとされるのがちまきである。このちまきは私達が想像するものと違い、笹だけでできていて食べられない。一年間玄関先に飾り、厄除けのお守りとする。6月半ばに8000本近いちまきが市内の農家から届けられ、百足屋町内の人々の手により飾りが付けられる。室内は笹の香りでいっぱいになり、おしゃべりを楽しみながら作業は進められる。婦人や年配者が中心になって行われるが、町内に事務所を構える会社の関係者なども応援に駆けつける。徐々に祭への意識が盛り上がってくる。


厄除けのお守り、その理由

 八坂神社の祭神、スサノオノミコトが南海に赴く途中、日が暮れて宿を求めた。裕福な巨旦将来は宿を断ったが、貧しい蘇民将来はわらの布団とひえの食事を提供し、粗末ながらもあたたかくもてなした。スサノオノミコトはお礼として、以後蘇民将来の子孫を疫病から守ることを約束した。その目印として茅の輪を腰につけさせたという説話が祇園祭のちまきの起こりといわれている。



 
会所で祇園祭用のちまきを巻く人々
祇園祭用の粽を巻く手元
会所で祇園祭用のちまきを巻く女性
巻いたちまきを箱に詰める


本サイトの運営はACTZERO(アクトゼロ)が行っています。
サイト 内の文章、画像および映像の無断転載・複製を禁止します。
© Copyright 2004-2009 ACTZERO All Rights reserved.