京都祇園祭・南観音山の一年 ロゴ
京都祇園祭・南観音山の一年 イメージ
 
  2009年は7/15より現地から、今年の祇園祭・南観音山のようすをお伝えいたします。
 
 
祇園祭観光ガイド
 

祇園祭と南観音山
祇園祭・ズバリ見どころ
  山鉾立てと曳き初め
    〜町衆の気分で参加しよう!
  情緒溢れる宵山
    〜山鉾から山鉾へそぞろ歩き
  祭のクライマックス山鉾巡行
    〜どの場所から見ましょうか?
全山鉾32基の紹介
行事の日程
祇園祭・観光Q&A
アクセス
宿泊

祇園祭リンク集

 
ニュースリリース・ダウンロード
(PDF・200KB)

祇園祭 今の風景 2008
祇園祭 今の風景 2007
祇園祭 今の風景 2006
祇園祭 今の風景 2005

祇園祭 今の風景 2004

 
  祇園祭の歴史
南観音山について
密着!南観音山の1週間
山鉾巡行順 一覧
こちらはブロードバンド環境を想定して制作しております。ムービーの閲覧にはWindowsMediaPlayerが必要です。
  第一章祭を中心とした一年
9月 お囃子の練習の開始
1月 新年会
5月 愛宕山詣り
6月 ちまき巻き

第二章いよいよ祭が始まる7月
7/1 吉符入り・二階囃子
7/12 山立て
7/12 松を選ぶ
7/12 真木を取り付ける
7/13 続・山立て
7/13 曳き初め
7/15 清祓い
7/13〜16 宵山の風景
7/16 南観音山の宵山

第三章祭のクライマックス山鉾巡行
7/17 ついに動き出す
巡行中の儀式
フィナーレを迎える
7/18 来年の夏も・・・

  制作・運営にあたって
お問い合わせ
ドキュメント南観音山 第二章いよいよ祭が始まる7月
7月12日山立て

この手で山を作り出す

 7月12日早朝6時、「山立て」は大小1600以上もある部材を土蔵から外に出すことからはじまる。二日間かけて南観音山は立てられてゆく。山は部材を組み立てることで作られ、釘は一本も打たれない。設計図はなく、立てる方法は代々口伝で伝わっている。親方の指示に従い、若い衆が組み立ててゆく。


隠れてしまうおしゃれ


接合部の重要なところは「縄がらみ」という手法で縄がまかれる。縄がらみは山の基本となるため、正確さが求められる。その結果、非常に美しい模様を紡ぎ出す。



 
部材を組み立てて南観音山を立てる
南観音山の骨組み
骨組みを縄がらみで補強する
美しい縄がらみの模様


本サイトの運営はACTZERO(アクトゼロ)が行っています。
サイト 内の文章、画像および映像の無断転載・複製を禁止します。
© Copyright 2004-2009 ACTZERO All Rights reserved.