京都祇園祭・南観音山の一年 ロゴ
京都祇園祭・南観音山の一年 イメージ
 
  2009年は7/15より現地から、今年の祇園祭・南観音山のようすをお伝えいたします。
 
 
祇園祭観光ガイド
 

祇園祭と南観音山
祇園祭・ズバリ見どころ
  山鉾立てと曳き初め
    〜町衆の気分で参加しよう!
  情緒溢れる宵山
    〜山鉾から山鉾へそぞろ歩き
  祭のクライマックス山鉾巡行
    〜どの場所から見ましょうか?
全山鉾32基の紹介
行事の日程
祇園祭・観光Q&A
アクセス
宿泊

祇園祭リンク集

 
ニュースリリース・ダウンロード
(PDF・200KB)

祇園祭 今の風景 2008
祇園祭 今の風景 2007
祇園祭 今の風景 2006
祇園祭 今の風景 2005

祇園祭 今の風景 2004

 
  祇園祭の歴史
南観音山について
密着!南観音山の1週間
山鉾巡行順 一覧
こちらはブロードバンド環境を想定して制作しております。ムービーの閲覧にはWindowsMediaPlayerが必要です。
  第一章祭を中心とした一年
9月 お囃子の練習の開始
1月 新年会
5月 愛宕山詣り
6月 ちまき巻き

第二章いよいよ祭が始まる7月
7/1 吉符入り・二階囃子
7/12 山立て
7/12 松を選ぶ
7/12 真木を取り付ける
7/13 続・山立て
7/13 曳き初め
7/15 清祓い
7/13〜16 宵山の風景
7/16 南観音山の宵山

第三章祭のクライマックス山鉾巡行
7/17 ついに動き出す
巡行中の儀式
フィナーレを迎える
7/18 来年の夏も・・・

  制作・運営にあたって
お問い合わせ
ドキュメント南観音山 第二章いよいよ祭が始まる7月
7月13〜16日宵山の風景

情緒を求めて夜のそぞろ歩きを

 7月13〜16日の間は宵山と呼ばれ、祭情緒が深まる期間だ。最高潮に達するのは巡行前日の16日である。初夏の強い陽射しがようやくかげる頃、山鉾町界隈がにぎわってくる。毎年、この一晩に 数十万人もの人々が足を運ぶ。


今年の舞台に立って囃す


 曳き初めの日の晩から、山の中に乗り込んで囃子を演奏する。拝観料が必要だが、南観音山は誰でも実際に山に登って、囃子方の演奏を目前に見学でき、観光客を中心に人気を博している。囃子方達にとっては見物客の目に触れることもあり、いっそう演奏に熱気が入る。


ちまきどうですか


 山の周囲には売店が設けられる。夕方からは浴衣姿の女の子が道行く人々に声をかけてちまきなどを売ってゆく。独特なわらべ歌もあり、祇園祭らしい情緒が深まる。おそなえであるろうそくの値段は決まっておらず、数十円から数百円程度の心もちの値段でよい。



 
山の上で囃す囃し方
笛方のアップ
笛方のアップ
ろうそくに火をともす売店の女の子


本サイトの運営はACTZERO(アクトゼロ)が行っています。
サイト 内の文章、画像および映像の無断転載・複製を禁止します。
© Copyright 2004-2009 ACTZERO All Rights reserved.