京都祇園祭・南観音山の一年 ロゴ
京都祇園祭・南観音山の一年 イメージ
 
  2009年は7/15より現地から、今年の祇園祭・南観音山のようすをお伝えいたします。
 
 
祇園祭観光ガイド
 

祇園祭と南観音山
祇園祭・ズバリ見どころ
  山鉾立てと曳き初め
    〜町衆の気分で参加しよう!
  情緒溢れる宵山
    〜山鉾から山鉾へそぞろ歩き
  祭のクライマックス山鉾巡行
    〜どの場所から見ましょうか?
全山鉾32基の紹介
行事の日程
祇園祭・観光Q&A
アクセス
宿泊

祇園祭リンク集

 

祇園祭 今の風景 2008
祇園祭 今の風景 2007
祇園祭 今の風景 2006
祇園祭 今の風景 2005

祇園祭 今の風景 2004

 
  祇園祭の歴史
南観音山について
密着!南観音山の1週間
山鉾巡行順 一覧
こちらはブロードバンド環境を想定して制作しております。ムービーの閲覧にはWindowsMediaPlayerが必要です。
  第一章祭を中心とした一年
9月 お囃子の練習の開始
1月 新年会
5月 愛宕山詣り
6月 ちまき巻き

第二章いよいよ祭が始まる7月
7/1 吉符入り・二階囃子
7/12 山立て
7/12 松を選ぶ
7/12 真木を取り付ける
7/13 続・山立て
7/13 曳き初め
7/15 清祓い
7/13〜16 宵山の風景
7/16 南観音山の宵山

第三章祭のクライマックス山鉾巡行
7/17 ついに動き出す
巡行中の儀式
フィナーレを迎える
7/18 来年の夏も・・・

  制作・運営にあたって
お問い合わせ
もっと詳しく祇園祭
祇園祭の歴史

▼ 概要
▼ 祇園祭の歴史〜原始
▼ 祇園祭の歴史〜中世
▼ 祇園祭の歴史〜近代

概要

 祇園祭は、梅雨の明けた初夏・7月に京都の市街地で繰り広げられる祭である。祭は一ヶ月間に渡って行われ、その間に様々な行事や神事が行われる。最大の見所は祭のクライマックスにあたる7月17日に行われる山鉾巡行である。「山」や「鉾」と呼ばれる山車がゆっくりと優雅に市街地を練り歩く姿は、毎年数十万人もの見物客を魅了する。また、13日〜16日の前夜祭ともいえる「宵山」の期間は、夕方になると各山鉾の提灯に灯りがともり、山鉾の上ではお囃子が演奏されて、祭の原風景ともいえる情緒深い風景が広がる。また、「会所」と呼ばれる各山鉾町の本部基地にあたる建物では、巡行本番の山鉾を飾る豪華な装飾品が展示される。

 現在、祇園祭には32基の山鉾がある。これらは京都の中心市街地に町の単位で分散しており、それぞれに保存会が組織されて、祭を運営・継承している。祇園祭には一つに限定された大きな舞台というものはなく、32の山鉾町それぞれが祭の舞台となる。巡行などといった、全ての山鉾が参加する場面では見事な連携を見せるが、基本的には32の山鉾町はそれぞれ独自の文化を持ち、各々の山鉾町が異なる行事や風習を今に守り続けている。この「緩やかな連携」こそが1100年も続けてこれた秘訣なのかもしれない。

 こういった32の山鉾町が、様々な行事・神事を複合的に繰り広げるのが祇園祭であり、毎年、京都の初夏の風物詩となっている。


next

 
南観音山の前で記念撮影
御池通りに集まった山鉾
南観音山の曳き手
御池新町の辻回し


本サイトの運営はACTZERO(アクトゼロ)が行っています。
サイト 内の文章、画像および映像の無断転載・複製を禁止します。
© Copyright 2004-2009 ACTZERO All Rights reserved.