京都祇園祭・南観音山の一年 ロゴ
京都祇園祭・南観音山の一年 イメージ
 
  2009年は7/15より現地から、今年の祇園祭・南観音山のようすをお伝えいたします。
 
 
祇園祭観光ガイド
 

祇園祭と南観音山
祇園祭・ズバリ見どころ
  山鉾立てと曳き初め
    〜町衆の気分で参加しよう!
  情緒溢れる宵山
    〜山鉾から山鉾へそぞろ歩き
  祭のクライマックス山鉾巡行
    〜どの場所から見ましょうか?
全山鉾32基の紹介
行事の日程
祇園祭・観光Q&A
アクセス
宿泊

祇園祭リンク集

 

祇園祭 今の風景 2008
祇園祭 今の風景 2007
祇園祭 今の風景 2006
祇園祭 今の風景 2005

祇園祭 今の風景 2004

 
  祇園祭の歴史
南観音山について
密着!南観音山の1週間
山鉾巡行順 一覧
こちらはブロードバンド環境を想定して制作しております。ムービーの閲覧にはWindowsMediaPlayerが必要です。
  第一章祭を中心とした一年
9月 お囃子の練習の開始
1月 新年会
5月 愛宕山詣り
6月 ちまき巻き

第二章いよいよ祭が始まる7月
7/1 吉符入り・二階囃子
7/12 山立て
7/12 松を選ぶ
7/12 真木を取り付ける
7/13 続・山立て
7/13 曳き初め
7/15 清祓い
7/13〜16 宵山の風景
7/16 南観音山の宵山

第三章祭のクライマックス山鉾巡行
7/17 ついに動き出す
巡行中の儀式
フィナーレを迎える
7/18 来年の夏も・・・

  制作・運営にあたって
お問い合わせ
もっと詳しく祇園祭
南観音山について

▼ 概要
▼ 南観音山の歴史
本尊について
会所について
南観音山の組織について1・2・3

概要

 祇園祭は現在、32の山鉾からなるが、保存・運営の主体は「町」である。町とは京都における最も基本の社会的・空間的な単位であり、100m程度の通りとその両側に連なる建物とそこに住む住民から構成されている。

  財団法人 南観音山保存会がある百足屋町(むかでやちょう・京都市中京区新町通錦小路上る)は、新町通りを中心とした町であり、ムカデの名が示すように多くの細い路地が出ていて、世帯数・人口ともに32の山鉾町の中では比較的多い町である。また、地域住民の努力により、高層建造物が少なく、古い町並みが多く残る町でもある。古くからのしきたりを頑なに継承してゆくだけではなく、時代に併せて祭を変化させてゆく柔軟性・革新性もあるのが南観音山の特徴で、女人禁制だった山への立ち入りを早くに解禁したのは南観音山だった。また、囃子方に女性が初めて加わったのも記憶に新しい。


next

 
南観音山ののれんをつける
山に登って見学する幼稚園児
浴衣姿ではしゃぐ子供達
ずっしりとした車輪が付いた山


本サイトの運営はACTZERO(アクトゼロ)が行っています。
サイト 内の文章、画像および映像の無断転載・複製を禁止します。
© Copyright 2004-2009 ACTZERO All Rights reserved.